こんにちは! 超せまっ!ワンルーム2人暮らしのまさすみ(夫)です。

一昨年、下の親知らずが傷んだので歯医者に行きました。
親知らずが2本とも虫歯になっていたようで抜くことに。

私は現在30代後半、歯医者には中学生の頃に行ったっきりなので、20年以上ぶりでした。
それまで歯が痛くなったことがなかったんです。

しか~し!

親知らずを抜いた後に「歯槽膿漏ですね」と歯医者さんに言われ、「へっ?そうなの」って感じでした。

今回は、誰もが可能性がある歯周病・歯槽膿漏と、私が歯科医に薦められた予防・対策方法をご紹介します。

歯槽膿漏はつらいよ!

先生に「歯槽膿漏」と言われて、「へっ?」となった私。
確かに考えてみれば、思い当たる節がある。

「同じ個所の歯茎が腫れることがあった」
「歯に物がはさまるようになったような気がする」
「歯磨きの時に血が出るときがある」
「冷たいものがしみる」

「完全に、しそうのうろうじゃーん!」ということで、治療をすることになりました。

テレビCMなどで歯槽膿漏のことを見ても、完全に他人事でした。
何の問題もないと勝手に思い込んで、20年以上も歯医者に行かなかった私がバカでした。。

歯槽膿漏の治療は痛いよ!

治療を進める前に、まずは歯周ポケットの深さを測ります。
怖くて見てないから正確には分からないけど、おそらくメモリの付いた、先端の尖った器具を歯周ポケットに差し込まれます。ひ~~。
先生が「〇〇ミリ」「〇〇ミリ」とすべての歯の歯周ポケットの深さを測り、助手さんがメモしていきます。

この器具が「チクッ!チクッ!」と結構痛くて、計測が終わって口をすすぐと、赤い!紅い!
そして、先生が一言「結構、進んでるところがありますね~」とのこと。

チェックの結果、上の歯の左側、真ん中、右側の3パート。
下も同じく3パート、全6パートに分けて治療をすることになりました。
全部を一気にやると食事ができなくなるので、1週間ごとに1パートです。

さて、どんな治療かというと、まず、治療する部分に麻酔注射。
毎回、歯茎の前側と裏側に2発ずつくらい打たれます。
これが、痛って~。

その後は麻酔がきいているので痛くはありませんが、おそらく先が鎌状(私のイメージ。でも、たぶん、そう)になっている器具を歯周ポケットに入れて、歯の表面をゴリゴリと擦りながら、歯石を取ってくれます。
怖いので何をしているかは聞きません。。

治療後は数時間、歯茎から血が出ますが、当日だけ痛み止めを飲めば大丈夫でした。
これを6週連続でやりました。
大人ですけど、3週目に仮病を使いそうになりましたよ。。

治療の後はメンテナンス

治療後は、今までより歯茎が引き締まったのが実感できます。
歯茎が腫れることも、歯磨きで血が出ることも無くなりました。

しかし、先生に怖いことを言われます。

「結構進行している個所があるから、油断すると歯が抜けますよ」

先生に指導されたのが、歯間ブラシです。
先がゴム状ではなく、ブラシタイプのほうが良いとのことでした。

その歯科医で使っていた「歯間用デンタルブラシ システマ」↓を薬局で購入。

「歯間ブラシ」→「歯磨き」というコンボで、さらに調子が良くなりました(^^)/

しか~し! 歯槽膿漏はそんなに甘くはない!

歯茎が引き締まると歯茎が下がるので、それまでに見えてなかった歯石が一部、顔を出すのです。
そして、今度は麻酔注射は必要はありませんが、また鎌状?器具で歯の表面をゴリゴリして取り除きます。

その後は月1回のメンテナンスになりました。
毎回、「しっかりとケアできてますね」と褒めていただく(^^)

さらに先生から頼もしいアイテムを教えてもらいました。

歯科医も使っているコンクール(Concool)

先生 「よくメンテナンスできていますね」
私  「ありがとうございます(^^♪」
先生 「歯間ブラシをするときは、何か付けてますか?」
私  「いえ、ブラシだけですけど」
先生 「私が使っている洗浄液をお教えしますので、それを付けて歯間ブラシをしてください」

確かに、月1メンテナンスの時に先生が歯間ブラシで磨いてくれるのですが、口をすすぐときに歯磨き粉?みたいな味がしてました。

その正体が「ウエルテック コンクールF(Concool-f)」

本来は、コップの水にコンクールFを数滴入れて、口をすすぐ洗浄液です。
ようするにマウスウォッシュですね。
使用感としては、他社のマウスウォッシュに比べて、刺激がとても少ないです。

なぜ、これを歯間ブラシに付けて、ブラッシングすると良いのか?

それは、入っている成分に秘密があるとのことでした。
その成分が、グルコン酸クロルへキシジン(CHG)

これは歯周病に唯一?効果があって、殺菌作用と抗炎症作用で、歯周ポケットが深くなるのを抑えてくれるそうです。
マウスウォッシュなので、口臭予防にもなります。
※アレルギーを起こす人もいるようですので、歯科医に相談されるといいと思います。

ちなみに薬局だと、ひとつ1,000円で販売されていますが、アマゾンではもっと安いですよ↓

歯医者では売ってなかったので薬局で買いましたが、今度からはアマゾンで買います。
そして、コンクールFを使い始めて数か月が経ち、さらに調子が良くなりましたよ。

次に私が変えたのは、歯磨き粉。
すっかり歯磨きマニアでコンクールの信者(笑)になった私は、歯磨き粉もコンクールに変えました。

コンクールと名前の付いたものがいくつかあります。
私が使っているのは、「コンクール リペリオ(薬用歯磨材)」と「コンクール ジェルコートF」です。

   

コンクールジェルコートFは、フッ素が配合されている歯磨きジェルで、発泡剤や研磨剤が入っていません。
コンクールリぺリオは、歯茎の修復効果があって、私のように歯茎から血が出たり、歯槽膿漏の人に効果があるそうです。

私のコンクールセットの使い方

ちなみに私は、プラスチック製の舌磨きも使っています。

私の歯磨きの流れは、こんな感じです↓
夜と朝昼で歯磨き粉を変えています。

①舌磨きで舌を洗い、水で口をすすぐ。
②歯間ブラシにコンクールFを付けて、歯間を磨く。
③夜はコンクールジェルコートF、朝昼はコンクールリぺリオで歯磨き。
④水ですすいだら、仕上げに水で薄めたコンクールFで口をすすいで完了。

昔からここまでやってれば、歯槽膿漏になってなかったでしょう。。
悔やまれる。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今まで生きてきた中で「歯は大切」と何度、聞いてきたことでしょうか?
しかし、人間(特に私。。)はバカなもので、何事も失いかけたり、失ってからでないと大切さが分かりません。

今回紹介したのは日頃のメンテナンスでしかありませんので、絶対、定期的に歯医者に行くことをおすすめします。
歯周病、歯槽膿漏かもと思われる方は、すぐに歯医者にGOです(^^)/

ご覧頂きまして、ありがとうございました!

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ

スポンサードリンク