こんにちは(^^)/ 超せまっ!ワンルーム2人暮らしのざらめ(妻)です!

猫ちゃんを飼っている方、これから猫ちゃんを飼おうと思っている方で、トイレの置き場に悩む方は多いと思います。
特にワンルームにお住まいの方は悩みますよね。

自分が食事を食べている真横で猫ちゃんがトイレをしていたら・・。
もしかしたらトイレで用を足している姿を見ながら食事を摂ることになるかもしれません。
目が合ってしまうことも・・(笑)
どれだけ愛しい猫ちゃんでも、できればそれは避けたいですよね・・。

以前、ワンルームで猫を飼っている友人と、こんな会話をしました。
「猫のトイレの臭いで困ってるんだー」
その友人には私の実家で実践している猫ちゃんトイレの設置場所を教えてあげました。

すると、
「その手があったかーーー!盲点だったーー!!」とのこと(笑)

今では友人も猫ちゃんトイレの臭いから解放されて喜んでいます!
今回はそんな意外と思いつかない猫トイレの設置場所とメリットを紹介します。

猫ちゃんトイレのベストポジションはここだぁ!

猫ちゃんのトイレを廊下やリビング、キッチンに置いている方は多いのではないでしょうか。
広いお家では問題ないのかもしれませんが、ワンルームではどうでしょう。

食卓、ベッド、くつろぎ空間、猫ちゃんのトイレがすべて同じ空間にあります。
できれば猫ちゃんのトイレは少し離したいですよね。
ワンルーム以外のお家にもおすすめできる設置場所があります!

それは・・

「人用トイレの中」。

名付けて、『トイレinトイレ』です!

ここが意外と盲点なんです!!でもすごくおすすめ!!
実際、私の実家の猫ちゃん用トイレも、人用トイレの中にありますよ。

トイレの中が若干狭くなってしまいますが、メリットのほうが大きいのであまり気にならなくなります。
一緒に入ることもありませんので(笑)
トイレの扉を全開にしなくても、猫ちゃんは通れるので少しの隙間でOK!

人用トイレの中に置くメリット

ワンルームの場合は単純にスペースが広くなるということがありますが、もっと大きなメリットがたくさんあります。

例えば、猫ちゃんはトイレと食事の場所を離したほうが良いといわれています。
トイレで食事をする猫ちゃんはいないですよね!

その他にも、

・トイレの臭い対策

トイレの臭いが気になって消臭効果の高い猫砂を選びませんか?

いくら消臭効果のある猫砂を使っても、やっぱり臭いが気になるとき、ありますよね。
食事中にプーンと臭ってきたり・・

私の実家の猫ちゃんは人が食事を始めるとトイレをする傾向があります(笑)
なんか不満でもあるのか?(汗)
でも、トイレの中に猫用トイレがあれば、全然気になりません(^^♪

・トイレの掃除が楽ちん

猫ちゃんはきれい好きなのでトイレの掃除はこまめに行う必要があります。
トイレにうんちやおしっこが残ったままになっていると不満を感じ、トイレ以外の場所で粗相をすることもあるそうです。

人用トイレの中に猫用トイレがあるとこの状況を防げます!!
なんといっても「掃除の楽さ」!

猫砂の種類にもよりますがトイレに流せる猫砂も多く売っています。

人用のトイレがすぐ横にあるので、スコップでうんちやおしっこを取ったらそのまま流せるんです!
袋に入れて専用のごみ箱に入れて回収日にごみを捨てる・・という手間が省けます!楽ですよねー!

ただし、一度にたくさん流すと詰まりの原因になりますので、こまめに流しましょう!

・猫砂の音が気にならない

ベッドの近くに猫用トイレがあると、猫砂をかけている時のガサガサ音が聞こえます。

その音で寝ているときに目が覚めてしまうかも。
場合によってはそのままプーンと臭いも。。
でもトイレの中にあれば、音が気になりません!

・衛生的

猫ちゃん用トイレの形にもよりますが猫砂をかける過程で猫砂が外に飛び出ることがあります。

その砂にはうんちやおしっこが付いていることも・・。
リビングにその砂が転がっていたら、あまり衛生的ではないですよね。

このように、人用トイレの中に猫用トイレを置くメリットはたくさんあります。
しかし、注意することもあります。

それは・・

人用トイレの中に設置する際の注意点

注意点といっても、そんなに難しいものではなく、少し気を付ければ問題ない程度のものです。

・トイレの扉は開けておく

扉が閉まっているとトイレができず、仕方なく違う場所で粗相をしてしまいます。
場合によってはドアストッパーを付けておきましょう。

・便座のふたを閉めておく

猫ちゃんが落ちて怪我をしてしまうかもしれません!
ちなみに、暖房便座の場合は便座のふたを閉めると節電にもなりますね。

・ユニットバスの場合はお風呂の栓を抜いておく

浴槽に猫ちゃんが入ってしまい、水が溜まっていると溺れてしまうかもしれません。
猫ちゃんは水が苦手な子が多いです。思わぬ怪我の原因にもなります。

・割れる物を置かない

とくにユニットバスの場合が多いかもしれませんがコップや石鹸のケースなど割れ物を置いておくと、猫ちゃんが落として割れることがあり危険です。

・留守番が多い場合はケージの中にもトイレを置く

お留守番中はケージの中、という猫ちゃんもいると思います。

私の実家でもそうですが猫トイレを人用トイレの中とケージの中に置いています。
うちの猫の場合、普段から両方使っています。贅沢(笑)。

・トイレの広さや扉が開く向きによってはできない

そもそも、トイレの中に猫用トイレを置くスペースがないとできません。
また、扉が内開きの場合も置けない可能性がありますので、試す場合には事前に確認をしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

意外に知らない人が多い、猫ちゃんトイレの置き場所。
実際、ワンルーム暮らしの友人からも大好評でした!

これから試してみる方は、しばらくの間、きちんとトイレができているか、危険はないかを確認してから始めるようにしてみてください。

猫トイレの置き場所にお困りの方は、『トイレinトイレ』をぜひ、一度お試しあれ(*^^*)!

ご覧頂きまして、ありがとうございました!

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ

スポンサードリンク