こんにちは(*^^*) 超せまっ!ワンルーム2人暮らしのざらめ(妻)です(^^)/

私の夫(まさすみ)は昔、何かのテレビで見たバスタオルを枕にする方法で寝ています。
自分に合う枕が無くて仕方なくバスタオルを使っています。
最近はその寝方もダメらしく頭皮が痺れてくるらしい(笑)

良い枕選び、快眠できる寝方について調べてみました。

寝る体勢は『横向き』が良い

寝る体勢は仰向けではなく横向きが良いという話は以前からよく聞いていました。
その理由は、「横向き」で寝るほうが「仰向け」よりも疲れが取れて快眠できるからだそうです(^^)

ちなみに、夫は眠るときは仰向けの体勢で寝て、朝見てみると横向きで寝ています。

寝るときの体勢によって疲れの取れ方が違うそうで、いびきと深い関わりが!
たくさん寝たのに疲れが取れないということありませんか??
その原因の一つはイビキ。

仰向けで寝ると、首の脂肪や筋肉が緩んで気道が塞がり、イビキをかきやすくなります。
イビキをかきながら寝ると肺にも負担が。

イビキはストローで風船を膨らませるくらいの負担がかかるそうです。
人は寝ている時、約4000回の呼吸をするのでイビキをかいてると疲れるということですね!

しかし、横向きで寝ると気道が狭くならないのでイビキをかきづらいんです☆
たしかに、夫がイビキをかいてる時は仰向けで、朝方に横向きで寝ているときはイビキをかいていない!

特に右側を下にして足を軽く曲げた逆S字姿勢が内臓にも心臓にも負担が少なくて良いとされています。



横向き専用枕を見つけた!YOKONE2

ムーンムーン株式会社の『YOKONE2』。

この枕は、名前の通り「横向き寝」の為に開発された低反発の枕。
以前、TBSのNスタや新聞でも紹介されたようです。



2017年2月に大幅なモデルチェンジを行い、より改良されてたとのこと☆

YOKONE2の特徴と4つの改良点

1、高さ調節が可能

2枚の厚みの異なる枕の中身(リラックスウレタン素材)で高さを調節でき、3段階の調節が可能になった。

2、形状の見直し

枕の上半分を羽のような形にし、寝る前の読書やスマホ操作をしやすくなりました。
うつ伏せにも対応!

寝る前にスマホをいじる人は多いと思うので、スマホ操作がしやすいのは良いですね(^^)

3、冷感素材を使用

枕カバーの素材を冷感素材にすることでより快眠に☆
頭寒足熱という言葉があるように、一年を通して頭を冷やすことで快眠に繋がると言われています。
ただし首元は肌触りが良くて、冷えない素材に改善されています。

4、枕の硬さを選択できる

YOKONE2では、枕の硬さを「柔め(ソフト)」と「硬め(ハード)」から好みで選ぶことができます。

値段以上の価値。お得なセットでプレゼントにも!

公式HPで18,000円で販売されています。

枕で18,000円!?と思うかもしれませんが、私が今使っている枕は5万円位しました。
枕はオーダーメイドで作ろうと思ったら結構するんです。
メーカーによっては10万円位するものも!

肩こりが酷かった私は健康のためと思い、以前、誕生日に夫に買ってもらいました(^^)
でも最近は頭に合わなくなってきて朝起きると肩が凝ってることがよくあります(泣)

快眠はお金に変えられないのでYOKONE2に買い替えようと思います!

そして、なんと!!

2個買うと3個目無料!

YOKONE2を2つ購入すると、3個目が無料でついてくるセットがあります!
私の分と夫の分の2個買えば、もう一個ついてくる!

そして、私は良いことを思いつきましたよ。
そろそろ父の日ではないですか・・。

この3個目を父の日のプレゼントにしよう(ウフフ)。

改良点の1つでもある枕の硬さも組み合わせられるようなので、家族分まとめて買うとかなりお得になりますね(*^^*)

あとがき

睡眠は健康に大きな影響を与えるので、自分に合った枕とお布団でゆっくり休みたいですよね。

購入して届いたら、私と夫のYOKONEレビューを改めて紹介します!

父の日のプレゼントって結構迷いますが、枕はいいかも(*^^*)☆
私の父は絶対喜ぶはず(笑)

ご覧頂きまして、ありがとうございました!

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ



スポンサードリンク