こんにちは(*^^*) 超せまっ!ワンルーム2人暮らしのざらめ(妻)です(^^)/

先日、牛丼の松屋に行ったら私の大好きな「山形だし」が付いている定食がありました☆
山形だしは山形の郷土料理で、夏野菜と昆布のネバネバが食欲をそそります!!!

夫の祖母の出身は山形県。
そこで、義祖母の家に遊びに行きがてら、山形だしの作り方を教わってきました♪
祖母は「山形だし」ではなく「茄子刻み」と呼んでます。

これから夏バテで食欲が出なくなる時期。
そんなときにも山形だしは、さっぱりしていて、するするっと食べられますよ(^^)/

手作り山形だしの良いところ

・火を使わないで簡単に作れる
夏のキッチンは暑いですよね。なるべくなら火を使いたくない!
でも、山形だしなら野菜を刻んで材料を混ぜて冷やすだけ(^^)

・食欲のないときでもスルスル食らべれる
夏の食欲が落ちているときでもさっぱりと食べられます!

・ヘルシーなのでダイエットにも向いてる
基本、野菜だけなのでいくら食べても太りようがない!?

・野菜がたっぷり摂れる
日頃、野菜不足の人におすすめ。野菜嫌いのお子さんもこれなら食べられると思いますよ(^^)

・野菜を変えてアレンジがきく
主に茄子やキュウリ、茗荷などを使いますが、山芋、茹でたオクラやモロヘイヤも合うこと間違いなし!

・ご飯や冷や奴、厚揚げにかけて食べても美味しい
山形だしはそのまま食べても美味しいですが、ご飯のおかずにもなってしまう万能おかずです。

祖母直伝の山形だし「茄子刻み」のレシピ

山形だしといっても、それぞれの家庭で入れる野菜や味付けは違うようです!
祖母のレシピではキュウリや大葉は入りません。

◇山形だし「茄子刻み」の材料

茄子 3本
長ネギ 2本
茗荷 3本
ししとう 5本(種は取り除く)
納豆昆布 レンゲ1杯程度
醤油 大さじ2程度
顆粒ダシ 大さじ1程度
鰹節 1パック
七味唐辛子 適量(お好みで)

※ちなみに納豆昆布は納豆が入ってるわけではなく、納豆のような粘りのある「がごめ昆布」のことです。
こんな感じ↓で、細かく刻んであります。

◇作り方

① ピーラーで皮を剥いた茄子、長ネギ、茗荷、ししとうを細かく刻む

山形だし レシピ 作り方1

② 刻んだ野菜をザルに入れて、10分ほど水にさらす。
10分経つと水が茶色くなるので水を替えて、さらに5分程さらす。

③ 水をよく切って大きなボウル(もしくは深さのある大きなお皿)に移す。

山形だし レシピ 作り方3

④ 小鉢に納豆昆布と顆粒ダシを入れ、醤油(大さじ2杯)で溶かす。
納豆昆布が多い方が粘りが強くなって美味しいと思います(^^)
※今回、祖母が用意していてくれた納豆昆布は細切りタイプではなく、刻みタイプでした。

山形だし レシピ 作り方2

⑤ ③に④を回しかけ、鰹節と七味唐辛子(お好みで)を加えて、全体に味が馴染むようにまぜる。

山形だし レシピ 作り方4

⑥ 味見をして薄ければ醤油を味を整える。ラップをして冷蔵庫で冷やして完成!

山形だし レシピ 作り方5

この画像だと分かりづらいですが、冷蔵庫で冷やして時間が経つと水分が出てきてネバネバ感が出ますよ。
醤油だけでなく、麺つゆを使っても美味しそうだなって思います(^^)

ざらめざらめ

追記:早速、自宅でも作ってみました!

今回はちょっとアレンジして、長ネギとししとうは入れずにピーマンとキュウリ、大和芋を入れてみました(^^)

七味も、柚子七味にしたら、めちゃくちゃ合いました!
むしろ柚子七味のほうがおいしいです!おすすめ!

納豆昆布も多めにいれてネバネバ!!!最高に美味しかったです(^^)☆
夫も満足してくれました♪♪

あとがき

義祖母に教わりながら一緒に作った山形だしはとっても美味しかったです!
夫はおばあちゃん子。夫の中で山形だしといえば義祖母が作った味なので受け継いで行きたいと思います(*^^*)

ちなみに、コンビニやスーパーで市販されている山形だしにはキュウリが入っていることが多いです。
私はキュウリが入ってるものしか食べたことなかったです。

義祖母の作る山形だしにはキュウリが入らないので、ここにキュウリを足しても食感が出て絶対美味しいと思います!!
今度自分で作る時にはキュウリ入りで作ってみます(*^^*)

ヘルシーなので、夫のダイエットにも最適(笑)

ご覧頂きまして、ありがとうございました!

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ

スポンサードリンク