前回までにムームードメインでの独自ドメインの取得、エックスサーバーの契約、そして、その二つを紐づけする作業が完了しました。

今回は、エックスサーバーの自動インストールを利用して、簡単にワードプレスをインストールする方法を紹介します。

ワードプレスって、なに?

世界中で使われているブログのシステムで、日本でもブログやホームページの構築に利用している人が多いです。
「独自ドメインで運用したい!」「自由にブログのデザインをしたい!」という人におすすめです。
このブログもワードプレスで運用しています。

独自ドメインとサーバーの取得には費用がかかりますが、ワードプレス自体は無料です。

また、ワードプレスには無料、有料含めて、多くのテーマ(テンプレート)があり、ブログを自分の好みにデザインしたり、機能をカスタマイズすることもできます。

エックスサーバーにワードプレスをインストールする方法

① エックスサーバーにログインしたら、サーバーパネルの「ログイン」をクリック。

x-wordpress1

② 「設定対象ドメイン」という部分に該当ドメインを設定しましょう。
設定したら「自動インストール」をクリック。

x-wordpress2

③ 次に、「プログラムのインストール」タブを選択し、「ワードプレス日本語版」の「インストール設定」をクリック。

x-wordpress3

④ 必要事項を記入します。

インストールURL:そのままでOK。
ブログ名:自分のブログのタイトル。後で変更は可能です。
ユーザ名:希望する文字列。ワードプレスのログイン時に使用します。
パスワード:希望するパスワード。ログイン時に使用します。後で変更は可能です。
メールアドレス:自分のメールアドレス。後で変更は可能です。

x-wordpress4

データベース:「自動でデータベースを生成する」を選択。
入力が完了したら、「インストール(確認)」をクリック。

x-wordpress5

内容を確認したら、「インストール(確定)」をクリック。

x-wordpress6

⑤ 以下の表示が出ますので、赤枠の部分を忘れないようにメモをしておきましょう。
上の赤枠内の青字のリンクをクリック。

x-wordpress7

ID(ユーザ名)とパスワードでログインすると、ワードプレスの管理画面に入ることができます。
※ワードプレスでブログの記事を更新するときは、毎回、管理画面から入りますので「お気に入り」に追加しておくと便利です。

x-wordpress8

④ 以下の表示になったら、ワードプレスにログインができました。
万一、まだ表示されない場合はしばらく経ってから改めて試してみましょう。

x-wordpress9

以上で、ワードプレスの自動インストールが完了です。

この段階で、自分のドメインを打ち込んで表示をさせると、自分のブログが表示されます。

ワードプレスをインストールした時点では、ワードプレスの既定テーマ(テンプレート)が自動で設定されているので、画像とタイトル、サンプル記事等が表示されます。
今後、記事を増やしていったり、カスタマイズすることで、ブログらしくなっていきます。

また、最初に表示されているテーマ(テンプレート)も変更することができます。
このブログでは、「賢威7」という有料のテンプレートを推奨しています。
SEOにも強く、テンプレートのパターン、カラーパターンも豊富なので、自分の希望に合ったブログ作りにおすすめです。

このブログも「賢威7」を使用しています。
↓の記事で「賢威7」のメリットと設定方法を紹介します。

ワードプレスでブログを運営するなら「賢威7」がおすすめ!

スポンサードリンク