こんにちは(*^^*) 超せまっ!ワンルーム2人暮らしのざらめ(妻)です(^^)/

私は寝るのが大好き♪♪
でも、今のワンルームに引っ越してきて迎えたこの冬は、布団で寝るときに床冷えで結構寒い。
新しく布団を買うのはもったいないし、買ったとしても部屋が狭いので、しまう場所がない・・。

どうにか、かさばる布団を買わずに朝までぐっすり眠れないか・・と考えた結果、GETしたものがあります。
それは電気敷毛布!

今回は、実際に2か月以上、私が使って手放せなくなった快眠アイテム「電気敷毛布」について紹介します!

電気敷毛布は冷え性の人の必需品!

とにかく床冷えする我が家。
暖房は天井に近いところに付いていることもあり、夫(まさすみ)が寝ているロフトベッドの上は朝まで割と温かいんです。

電気敷毛布を買うまでは交代で寝ていたこともあったのですが、敷毛布をゲットしてからは快適さから離れられなくなり、いつも私が下で寝るようになりました!

最初は「寒さをしのげれば良い」と思っていましたが、これは最高!!
もっと早く知りたかった。もう手放せません(笑)

足先まで温かいので冷え性の人にもおすすめのアイテムです。

私が買った日本製の電気敷毛布

私はAmazonで、NAKAGISHIの「電気かけしき兼用毛布 NA-013K」を購入しました。
安心の日本製!

この商品はサイズは188×130cmで、頭の部分にはヒーターがありません。
頭は温めないほうが良いので安心(*^^*)

タイマー機能はありませんが、室温センサーが搭載されています。
私は寝るときに一番弱く設定して寝ています。低温やけどすることもなく、ぐっすり眠れます。

電気敷毛布の魅力

・とにかく温かい

以前は寒くて夜中に目が覚めたこともありましたが、今は朝までぐっすり。
どれだけ冷え込んだ朝でも、寒さをまったく感じません♪
暖房をつけて、部屋の中が温まるまでポカポカしていられます。

・温度調節ができる

私が購入した商品は、無段階温度スライド調節。
コントローラーを無段階でスライドさせて、自分の好みで調節ができます。
もちろん、弱・中・強という目安はついています。

・値段が安い

私は最低限の機能で安いものを探していました。
他にもたくさんの商品があり、大体3千円~5千円くらいが相場のようです。
温かい掛け布団を新たに購入すると、1万円はするので断然安いですね!

電気代も商品や大きさによって多少差はあると思いますが、私が使っている電気敷毛布は「弱」なら1時間あたりの電気代は、約0.1円!

・軽い&場所を取らない

本体はとても薄くて、軽いです。
普通の布団だと圧縮袋などにいれても結構場所をとるので、我が家のような狭い家には邪魔。。

でもこれなら、使わない時は畳んでしまっておいても全然場所をとりません。
助かります(^^)

・ダニ退治機能付き&丸洗いOK

私が使っている電気敷毛布は、3時間でダニ退治ができます。
さらに、コンセント部分を外せば、水洗いOK!
いつでも清潔に保てます。

・タイマー付きの商品もある

ずっと電源を入れたままにしたくない人には便利なタイマー機能が付いているものもあります。

私は電気掛け毛布より電気敷毛布派!

私が購入したものは、「電気掛け敷き毛布」なので「掛ける」こともできます。
ですが、私は断然、敷毛布派!

私はベッドではなく床に布団を敷いて寝ているので冷気を感じやすいです。

そのため、電気敷毛布を敷いていれば床からの冷気は遮られ、背中からポカポカ温かい(*^^*)
電気敷毛布から出る温かい熱が掛け布団で蓋をされて、お布団の中はとっても温かいです!
熱は下から上にいきますからね☆

寝ていないときでも敷毛布ならホットカーペット代わりになります。
我が家では夫と二人、私の敷毛布の電源を入れて直接座っています。
温かいんです!

私が購入した商品のように、敷・掛両用なら、ひざ掛けにもなるし、自分の好みで使い分けられて便利ですね。

ただし!毛玉になりやすいです・・。
もう我が家のものは毛玉だらけです・・(笑)
寝ることには何も支障がないですが♪♪

あとがき

いかがでしたでしょうか。
とっても温かいので私が実家に帰るときなどは、夫(まさすみ)はロフトベッドではなく、下の布団で寝ているようです(笑)
温かくて気持ちが良いと言っています。

この冬もまだもう少し寒い日は続きそうですね。
セールでお布団はたくさん出ているし、お布団を買おうか悩んでいる方の参考になればと思います。

ご覧頂きまして、ありがとうございました!

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ

スポンサードリンク