こんにちは! 超せまっ!ワンルーム暮らしのまさすみ(夫)です。

賃貸マンションやアパートで必ず気になるのが、ご近所や外から聞こえてくる音。
生活音は毎日、聞こえてくるものです。
一度気になりだしたら、常に気になってしまう。

たまにニュースでも取り上げられますが、騒音問題で大きな事件になったりもしていますね。

私もせまいワンルームに住んでいますので、ご近所の音は少なからず聞こえてきます。
もちろん、お互い様なので我が家から出る音にも気を付けなくてはいけません。
トラブルに巻き込まれたくありませんからね(汗)

特にワンルームの場合、角部屋以外は壁を隔てた両隣がお隣さんの部屋になるので注意しなくてはいけません。
自分の部屋を防音対策するとご近所の音も聞こえなくなり、自分の出す生活音も相手に聞こえづらくなるので一石二鳥ですね。

今回は実際に私が行っている防音対策と、簡単にできて効果がある方法をご紹介します。

簡単にすぐできる防音対策

防音対策といっても、簡単なものと、少し作業が必要なものがあります。
まずは、一人でもできる簡単なものをご紹介します。

・扉の隙間を「すきまテープ」で埋める

玄関や室内の扉をよく見てみると、扉と扉枠の間にすきまがあります。
扉の外の騒音は、このすきまを埋めるとかなり軽減できます。

そのためのアイテムが「すきまテープ」。
価格もお手頃で、100円ショップやネット通販でも購入することができます。
構造は幅3~4㎝くらいでテープ状に巻かれていて、表面はクッションのようなスポンジ。

使い方は、裏面のフィルムを剥がすとシールになっているので、すきまを埋めるように扉側に貼りつける。
たったのこれだけです。

ただ、扉のすきまの幅がそれぞれ違います。
あらかじめ幅を測り、自分の扉に貼れるか商品の説明を確認しましょう。
サイズが合わないと防音効果がなかったり、扉の開け閉めをしているうちに剥がれてきます。

私は玄関扉にすきまテープを貼ったことで、外からの音がほぼ聞こえなくなりました。
「玄関あけたら、2秒でお部屋♪」の我が家では、絶対にかかせないアイテムです。

我が家ではこれ↓を使っています。

そして、ドア下に隙間がある扉に安くて効果が高いもう一つのアイテムがこれ↓
貼るのも簡単でドア下から音や虫が入ってくることも防げます。

・フローリング物件にはタイルカーペットが効果的

以前、別の記事でも紹介した吸着式のタイルカーペット。

騒音トラブルの多くはお隣さんか、下に住んでいる人との間で起こります。
特にフローリングの場合、机や椅子などの家具を動かす時の音、足音などを気に付ける必要がありますね。

その点、タイルカーペットは音を吸収してくれるのが便利です。
それ以外にも、たくさんのメリットがあります。

  • 簡単に何度でも貼ったり、剥がしたりできる
  • カラーバリエーションが豊富
  • 汚れた部分だけを剥がして洗える。etc

まだご覧になっていない方は、こちらをどうぞ↓

簡単に自分でできる!ワンルームのフローリングをタイルカーペットにする方法

・防音(遮音)カーテンを付ける

特に、外からの騒音が気になる部屋に効果が高いアイテムです。
取り付け方も普通のカーテンと同じなので簡単にできます。

我が家のように玄関扉を挟んで、マンションの共有部分から音が聞こえてくる場合も効果的。
玄関と居住スペースの途中に突っ張り棒を付けられれば、カーテンを付ける事ができます。

防音だけでなく宅配物を受け取るときも目隠しになるので、部屋の中を見られてしまうことがありません。
同時に冬場は玄関側から冷気が入ってきます。
カーテンがあれば冷気を遮り、室内の温度が保てて省エネになります。

防音カーテンを選ぶときは、長さや横幅に気を付けて選びましょう。

我が家は突っ張り棒を利用できるタイプを使用しています↓

・テレビやオーディオを壁際に設置しない

壁が薄い賃貸物件では、音の出る機器を壁にぴったり付けて配置するとお隣さんに響いてしまいます。
同じように起動音が出る冷蔵庫やレンジなども壁から少し離すことがオススメ。

・壁際には本棚や食器棚、ワードローブなどの大物家具を置く

先ほどとは逆で大きい家具を壁際に設置するとお隣りへの音を遮ったり、吸収する効果があります。
もちろん自分が出す音だけでなくお隣からの音も遮ってくれます。

大きな家具を動かすのは大変なので知り合いに頼んだり、引っ越し時によく配置を考えておきましょう。

・机や椅子の脚にはフェルトや靴下を付ける

日頃から動かす可能性がある家具には脚部分に防音対策をしましょう。
特に椅子を動かすときの「ギィィ」「ガァー」という音は下の階の部屋まで聞こえる可能性があります。
我が家はたまに上の階から「ガァー」と聞こえてきます・・。

最近では100円ショップで机や椅子専用のアイテムが売っています。
靴下のような構造で家具の脚の形に合わせて丸型や四角などがあります。
自分の家具に合ったものを選んでください。

防音だけでなくフローリングへの擦り傷も防いでくれます。
こんな感じ↓のタイプがあります。

もっと防音にこだわりたい方向けの防音対策

徹底的に防音にこだわりたい場合は手間やお金を掛ければ、さらに効果的な方法があります。

・防音パネルを壁に取り付ける

賃貸物件でも取り付けられる防音パネルが販売されています。
見た目はオシャレな壁紙のようなものが多いです。

元々の壁にパネルを付ける事でお隣さんへの音をかなり防いでくれます。
大きさも様々ありますので付けたいところに合わせて設置できます。

こんな感じ↓

自分で取り付けるのが難しい場合は、購入したお店の業者さんが取り付けてくれる場合もあります。
壁面を埋めようとすると思ったよりも高いので私は断念。。

なかには、卵パック(プラスチックではなく紙のタイプ)を代用している人もいるようです。
凹凸や穴があって、表面積が大きいものに防音・吸音の効果があるようです。
確かに学校の音楽室の壁は、穴が開いていたような気がしますし、防音室の壁も凸凹していますよね。

卵パックは部屋の印象が悪くなるのでオススメしません。。

・遮音シートや防音ゴムも効果的

音響機器や振動などのビビり音がするものに効果的があります。
我が家の扉は金属製なのでもしも勢いよく閉めてしまったら「バァーン!」と大きな音が出てしまいます。

私は扉に遮音シートを付けたのですが、効果を知りたくて取り付け時に一度実験してみました。
取り付け前は「バァーン!」だった音が取り付け後は「バン」と短くこもる様な鈍い音に変わりました。

ちなみに遮音シートはシール式になっている物があります。
そのまま扉に貼ってしまうと退去時にきれいに剥がれず苦労するかもしれません。

私はその対策として、きれいに剥がれる幅広マスキングテープを先に扉に貼ってその上から遮音シート。
さらに遮音シートは見た目が悪いのでその上に100円ショップで買った壁紙を貼りました。

すると、「まぁ。何ということでしょう~♪」

ただの鉄の扉がお洒落な扉に生まれ変ったのです(^^)/
そして、いつか退去するときはマスキングテープごと剥がせば、すべて一気に剥がせます!

また、音響機器には防音ゴムを下に取り付けると音がビビらなくなるので、これも効果が高いです。

洗濯機は音の出る機器の代表格。
100円ショップで洗濯機用の防音ゴムも売っているのでオススメです。

自分の意識次第で騒音は防げる

防音アイテムを使ったり、工夫をすることで簡単に音を軽減できます。
しかし、音を出している人の意識が一番大切だと私は思います。

自分が「イヤだな」と思うことを相手にも気を付ければ平和に過ごすことができますよね。
平和が一番(^^)/

例えば、次のようなものに思い当たる節はありませんか?

  • テレビやオーディオの音量に気を付ける
  • 自分が思っている以上に響いている可能性があります。

  • 歩くときにドンドンと音を立てて歩かない。
  • あなたの周りにも「ドンドン」と大きな音で歩く人いませんか?
    もしかしたら自分もその一人になっているかもしれません。

    「自分で認識しているけど無意識なので治らない・・」

    そんな場合にはスリッパを履くのもオススメ。
    スリッパがクッションの役割をするので自然と音が軽減します。

  • 扉を勢いよく閉めない
  • これもよくいますよね(汗)
    我が家の隣の部屋の方は玄関扉を「バァーン!」とよくやってます。
    何かに集中している時だと「ビクッ!」してしまいます(汗)。

    そっと閉めるだけのことなので意識すれば変わります。
    部屋の防音とは話が逸れますが「ドンドンウォーク」も「とびらバァーン!」も人から見た自分の印象にも関わります。
    日頃、穏やかで感じのいい人でも「とびらバァーン!」をやったら「ガサツだな・・」と思われてしまうかもしれません。

    あとがき

    いかがでしたでしょうか?

    冒頭にも書きましたように集合住宅では防音対策は必須のマナー。
    快適に過ごすためにお互いの気遣いが大切ですね。

    防音対策は面倒でも一度やっておけば、ずっと効果が得られます。
    できることからやってみると違いを実感できると思います。

    賃貸マンションやアパートでの防音にお悩みの方のご参考になればと思います。

    ご覧頂きまして、ありがとうございました!

     にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ

    スポンサードリンク