こんにちは! 超せまっ!ワンルーム2人暮らしのざらめ(妻)です。

私は一般的に高級飲食店と言われるお店で働いています。
ほとんどが接待・記念日のご利用で、会社の役職・管理職の方やセレブ?が多いです。

皆さま、立場のある方なので店員にも優しくて、穏やかな方ばかり。
店員が恐縮してしまうくらい、腰の低い方もいらっしゃいます。

しかし、一部、正反対の方も。。
こちらを敵視しているかと思うほどの態度で、悲しい気持ちになることもあります。

そして、飲食店で働いていると分かるのが、人柄とトイレの利用の仕方の関係性です。
今回は、そんなトイレと心の豊かさのお話を紹介したいと思います。

トイレの利用の仕方で人柄が分かる

高級飲食店は個室トイレが多く、お客様がトイレを使用してお部屋に戻られた後に、次に利用する方のために、すぐにトイレチェックをして環境を整えます。

たとえば、接待の場。
接待する側の方が利用した後に、すれ違いでゲスト側の社長がたまたま同じトイレに入ったとします。
その時にトイレの中が荒れてたら、接待する側の印象に影響を与えてしまうかもしれません。
そういったことを防ぐため、また、快適にトイレを利用して頂くためにスタッフが毎回チェックをするわけです。

トイレチェックをすると、大体、下の3パターンになっています。

  1. 次に利用する人のことを考えて利用している方。
  2. 普通に使用したのが分かる状態の方。
  3. 嵐が去った後のような状態の方。

※掃除をすることは、店員の仕事なので汚れていても結構です。

1の方は、お客様同士の会話でも柔らかい印象で、とても気を遣われる方が多いです。
すごく心が豊かなんだな~と感じます。

逆に3の方は、接待する側なのに接待される側への配慮が足りなかったり、言葉遣いも乱暴な方が多いように思います。
一度、「そんな言い方はないだろ!」と接待される側に怒られているのを見たことがあります。

もちろん、上記は傾向なので絶対ではありません。
しかし、確実に言えるのは、1の状態の方は自分中心ではなく、常に他人のことを考えている人だと思います。

私はそんなレベルではありませんが、そういう人になりたい。

飲食店スタッフがトイレチェックでしていること

・便座周りの汚れがないかをチェック。

特に男性用の小便器がない個室トイレの場合、男性は便座を上げて、立って用を足すことが多いですね。
(最近は汚れ防止のために自宅トイレで座ってする男性が増えているそうです。)

狙いを外すと便器外にこぼれるのはよくある話ですが、そうでなくても便座の中で跳ね返って、少なからず周りに飛び散ります。
そのため、便座をきれいに拭き取り、便座のふたを閉めた状態にします。

たまに、便座をおろした状態で、立ったまま小をしている方もいて、便座がビチャビチャになっています。。

・トイレットペーパーの切り口

トイレットペーパーは点線の切れ目が入ってますが、意識して切ってもビリビリになりがち。
時には驚くほど、ビリビリで紙が「だら~ん」となることもあります。
そのままにしておくと、次の人はなんかイヤですよね。

これをしっかりと点線のところで切って折ります。
三角形に折ってあるのをよく見かけると思いますが、もっと簡単な方法があります。

その方法は、一方の角を対角に折って、トイレットペーパーホルダーのカバーで押さえるだけ。
1秒でできます。
これをやっておくだけでも、イメージはだいぶ変わりますね。

ちなみに、こんな感じです↓

トイレットペーパーの折り方
※これは自宅トイレです。。

・水回り(手を洗う所)の水分をふき取る

用を足して手を洗う時に、手を勢いよく動かして洗うと水回りがビチャビチャになります。
また、手を拭く用の紙を取るときも、紙がビチャビチャになることがあります。

流し周りの水分を拭き取り、紙をきれいな状態にします。

このほかにも、少ないトイレットペーパーの事前交換、鏡の清掃、消臭スプレーなどで環境を整えます。

こんなところでもトイレの使い方は見られる

他人の家でトイレを借りるとき、使い方が汚いと悪い印象を持たれてしまいます。

例えば、お付き合いしている人の実家に初めて挨拶に行ったときなど、親御さんにチェックされているかも。
どんなに好印象でも、あとから親御さんがトイレに入って、「!!」となったら大変。
トイレットペーパーがビリビリ、水回りがビチャビチャでは「雑な奴だな~」となるかもしれませんね。

初めて接待を任された場合なども意識しておくと間違いないと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

飲食店スタッフの立場で書きましたが、お客様にきれいに使ってください、という意味ではありませんので悪しからず。

また、今回、男性の利用者を想定して紹介しましたが、実際のトイレの汚れ方には男女差はありません。
その方の意識なので、どんなに着飾っていても、こういうところに出てしまいます。

あと、意外に多いのが手を洗わない人。
アルコール消毒も定期的におこないますが、たくさんの方が使うトイレなので衛生面を考えると、ご自分のために洗ってほしいな~と思います。

お子様がいる方は、ご自宅でも小さな頃から教えてあげれば、自然と他人への配慮ができるようになると思います。
行動から意識も形成されるので習慣にしたいですね。

ご覧頂きまして、ありがとうございました!

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ

スポンサードリンク