こんにちは! 超せまっ!ワンルーム二人暮らしのざらめ(妻)です(^^)/

私は小説が好きで、よく本屋さんに行きます。
少し前までは、気に入った本があったら、すぐに購入していました。

特に、東野圭吾さんや東川篤哉さんが大好き。
新しい本が出ると迷わず買ってしまいます!

文庫本でも1冊700円くらいするので、欲しい本が複数になると「どれかやめようかな・・」とよく悩みました。
今まで小説にいくら費やしてきたのかわかりません。。

今回は、最近、私が実践している、お得に本を買う方法をご紹介します!
書籍代を節約しちゃいましょう!!

それでは、ご覧ください☆

メルカリをチェック!

欲しい本を見つけたら、まずメルカリをチェックします!
不用品を売るだけでなく、本などの購入にもおすすめなんです(^^)

一番最近購入したのは、ある作家さんの新書。定価1,600円(税抜)。

本屋さんで見つけて、メルカリで検索。
すると、たくさん出品されてるではありませんか!!!

値段設定は出品者の自由ですが、だいたい500~600円台で出品されていました。
私はそのとき一番安かった「送料込み 600円」で購入しましたよ(^^♪

これだけで1,128円も節約になりました!!
大きいですよね。

新書も文庫本も漫画もたくさん出品されています。
欲しい本を見つけたら、まずメルカリで検索してみてください☆

もっと安く買えるかも!?

メルカリはフリマアプリなので、出品者と直接、値段交渉ができます。
値下げをしてくれるかどうかは、出品者次第なのでわかりませんが、試してみる価値はあります。

商品ページには自由にコメントをすることができるので、そのコメント欄から交渉を行います。
下記のように、丁寧に交渉をしてみましょう。

「購入を考えておりますが、お値下げは可能でしょうか?」
「購入を考えておりますが、○○円になりませんか?」

あいまいな聞き方をせずに、具体的に希望の金額を伝えたほうが、出品者さんも返事がしやすくなります。
中には、「金額交渉も可能です」のように記載している出品者さんもいますよ。

これで少しでも安くなったら、ラッキーですね(^^)/

読み終わってからも、さらにお得!

メルカリで購入して読み終わったら、購入金額より少し安くしてメルカリに出品☆
それが売れたら、実質の購入代金がさらに安くなったことになります。

今回の新書はまだ読み終えていませんが、今後500円で出品予定です。

この金額で売れた場合、50円の販売手数料と送料195円を引かれた255円が収入になります。
ということは、実質345円(600円-255円)でこの新書が読めたということになりますね。
すごく節約できた気分になります(*^^*)

私の場合もそうですが、今までのメルカリでの売上金を使って、支払いをすることも可能です。
今回の本を購入するときも売上金で支払ったので、実際は現金を1円も出していません。

さらに、これからメルカリを初めて登録する方は、以下のコードを入力して会員登録を行うと、300円分のポイントがもらえます!
すぐお買い物に使えるので、さらに、300円引きで買えちゃいます!
よろしければ、ご利用ください(^^)

コード:RCABJB

メルカリで欲しい商品を探すコツ

メルカリの商品検索はカテゴリー検索のほかに、キーワード検索があります。

欲しい商品やタイトル、作者名が明確な場合は、キーワード検索が便利です。
しかし、出品はあくまで個人なので、様々な検索文字を試してみることをおすすめします。

作品名での検索はもちろんですが、好きな作家さんで「読んだことない本ないかなー」と漠然に思うこともあります。

例えば、「東野圭吾さんの本が欲しい!」と思った場合には、下記のように様々なキーワードで検索してみます。

「東野圭吾」
「ひがしのけいご」
「ヒガシノケイゴ」

出品者が漢字を使っているとはかぎりません。

ブランドで言えば、ヴィトンを「ビトン」と書く人もいるかもしれませんね。

このように、様々なキーワードで検索をすると、自分にとっての掘り出し物を見つけることができるかも(^^)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本にかかるお金は意外と、ばかにできません。

もちろん、本以外を購入したい場合にも、この方法はおすすめです。

欲しかったバッグやお財布なども、安く見つかるかもしれませんよ。
新作ゲームもよく出品されています。

検索の際は「いろいろなキーワード」で検索し、掘り出し物を見つけてください☆

Amazonや古本屋さんよりも安いことが多いので、新品にこだわらない方は、まずはメルカリ検索(^^)

チリも積もれば、大きな節約になります。
できるところから始めましょう(^^)/

ご覧頂きまして、ありがとうございました!

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ

スポンサードリンク