こんにちは(*^^*) 超せまっ!ワンルーム2人暮らしのざらめ(妻)です(^^)/

以前、メルカリで大量の本を出品したお話をしました↓

原価0円!メルカリで自己啓発系の本を大量に売って〇〇円になった!

大部分の本は売れましたが、その代わりに私のメルカリ管理画面は本屋さんのようになってます(笑)

私は古本だけでなく、新書も出品していますが販売のコツが少し違います。
今回は、メルカリで本を売れやすくするために私が行っている方法を紹介します。

新書は定価に近い強気の設定で売れる

新しい本は購入しようとする人も多いので、定価より数百円安くするだけでも売れます。
しかも、出品するとすぐに売れることが多いです。

私は100円~200円くらい安くして出品しています。

なんで強気の設定でも売れるのかというと、メルカリで購入する習慣がある人は出品もしていることが多いからです。
購入して読んだ後にすぐに出品すれば、購入時に近い金額で売れる可能性があるんです!

例えば、私が定価1200円の新書を買って、メルカリで1000円で出品したとします。
Aさんがその金額で購入。
Aさんが読み終わった後にメルカリで900円で出品。
それが売れると、Aさんは約600円の利益を得ます。

ということは、結果的にAさんは新書を400円(1000円ー600円)で読めたことになりますね。

私も欲しい新書があったら、まずはメルカリやアマゾンを検索しています(^^)

古本はAmazon最安値よりも安く価格設定する

中古の本を買おうと思うとき、Amazonで買う人は多いと思います。
そのため、私はAmazon最安値より安く設定して出品しています。

例えば、ある本のアマゾンでの最安値が「500円+送料300円」だとします。
この場合「800円が最安値」ということになりますね。

ということは、メルカリでその金額以下で出品すればOK!
ただし、販売金額から送料と販売手数料(10%)が引かれるので注意!

厚さ2.5cm以下の本ならメルカリ便で全国一律195円で送ることができます。
あまり安く出品すると、利益がなくなるのできちんと計算しましょう。

先ほどの「Amazon最安値が800円の本」を、メルカリで700円で出品するとします。
すると利益は、700円-70円(販売手数料)-195円(送料)=435円になります。

ここで大事なのは、商品説明の部分に「Amazon最安値より安い」ということを明記することです!
この一文がお買い得だという印象を与えてくれます。

Amazonで1円で販売されている理由

ところで、Amazonで最安値を調べていると、「1円+送料257円」で出品されているものがありますよね。
「1円!?どういう仕組みなんだろう・・」と思ったことありませんか??

これは、送料で利益を出しているようです。

1円の本が売れれば、Amazonから出品者に本代の1円と送料257円が支払われます。
出品者の合計利益は258円になります。

そこからAmazonに「基本成約料100円」と「本の成約料(カテゴリー成約料)60円」の合計160円が差し引かれ、98円の利益になります。

ここから実際に送る送料を捻出するのはなかなか厳しいように思いますが、月額4,900円払えば100円の基本成約料はなくなります。
大量に出品する業者さんは、こうやって利益を出しているのですね。

メルカリで良い評価がたくさんあるほうが売れやすい

メルカリは商品到着後、お互いの評価を必ず付けあうシステムです。
この評価は誰でも見れるので悪い評価は無いほうが良いです。
評価の悪い出品者から購入しようとは思いませんよね!

そこで大事なのは・・

◇発送前に要チェック

メルカリで売れた本は迅速に発送しましょう。
ただ袋に入れて送るのではなく、本に汚れやゴミが付いていないかなど確認しキレイな状態で送りましょう。

◇梱包はしっかりと

ラッピング袋やOPP袋に一度入れて梱包してから送ります。
梱包せずに封筒などに入れて送ると、雨に濡れて本が汚れたりする可能性があります。
これでは購入者からの評価は下がってしまいます。

◇メッセージを添えると尚良い

商品を発送するとき、「ご購入ありがとうございました」などのメッセージを添えて発送すると、受け取った側はちょっと嬉しい気持ちになります。

こういう些細な積み重ねが信頼につながるんですね。

まとめ

  • 新書は強気の設定でも売れる。
  • 古本はAmazon最安値よりも安く設定すると売れやすい。
  • 購入者からの評価も大事。
  • 発送は迅速かつ丁寧に。

私もまた不要になった本があったら、どんどん出品していこうと思います(^^)

ご覧頂きまして、ありがとうございました!

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ

スポンサードリンク