老子14章:薄明かりのぼんやりとした切なさの漂う状態

今までの章にもあったように老子が「道(タオ)」や「無の状態」について説明しています。しかし、タオや無は言葉では説明できないと老子は言います。抽象的な例や表現を通して、タオの法則を教えてくれます。