こんにちは(*^^*) 超せまっ!ワンルーム2人暮らしのざらめ(妻)です(^^)/

夫(まさすみ)の家の菩提寺は東北地方にあります。
冬の東北は雪が深いため、12月に亡くなった義父の納骨をまだできないでいましたが、4月に納骨をすることが決まりました。

そこでふと疑問が・・。

「骨壺をどうやって持っていく?」

私たちの場合、交通手段は新幹線と決まっています。
新幹線に乗るとき、いやその前に、家を出るときに骨壺をどうやって持っていけばいいのだろう。
そもそも、骨壺を運ぶ方法って、なにがあるんだろう・・。

ということで、調べてみました!

骨壺の運び方・輸送手段

車でお寺まで行く人は問題ありませんが、私たちのように車がない人や、遠くまで行かなければならない人って多いと思います。
交通手段は様々だと思いますが、すべての交通機関で骨壺は持ち込めるのでしょうか。

・電車&バス→OK(手荷物扱いになるそうです)
・新幹線→OK
・飛行機→OK(基本的に機内持ち込みはできるようですが、場合によっては収納棚に納めなければならない場合もあります)

では、宅配便などで送りたい場合はどうでしょうか。

・宅配便(ヤマト運輸・佐川急便)→NG
・郵便局(ゆうパック)→OK(明確に表記されていません)

ゆうパックなら、骨壺を頑丈に梱包すれば発送できるようです。

しかし、やはり大切な人の遺骨。
もし配送が可能だとしても、心情的にはきちんと傍に持って一緒に移動するのが一番ですね。

骨壺と分かる状態で運ぶのはNG

骨壺は桐の箱に入って、カバーがかかってますよね。
見た目はきれいだけど、そのまま持ち運ぶわけにはいきません。

今回の納骨での移動について夫と考えたことは、「骨壺の包み方」です。

葬儀のあとのように骨壺カバーのまま抱えるわけにはいかないので、何かに包むなり入れるなりしないといけません。

大切なことは、「明らかに骨壺と分かるのはNG」ということ。

例えば新幹線で居合わせた人が、骨壺と気づいて不快な思いをするかもしれません。
周囲に気を配る必要があります。

だからといって、洋服屋さんやケーキ屋さんの丁度いいサイズの紙袋に入れるのも気が引けます・・。

骨壺とわからず、持ちやすいものはないのかな・・と思い、そこでまたまた調べました!!

移動時の骨壺を包む方法 ベスト3

1、骨壺バッグに入れる

私は今回調べるまでこのバッグの存在を知りませんでした。
名前の通り、骨壺を運ぶための専用バッグです。

葬儀屋さんでも売っているようですが、Amazonなどでも購入可能です。
私たちはこの骨壺バッグを購入しました!(このあと詳しく紹介します)

2、風呂敷で包む

もっとも一般的な方法なのかもしれません。
大きさも変わらないし電車やバスの中で抱えやすいですね!

帰りは骨壺がないのでコンパクトに畳んで持って帰ってこれます。
ただし、近場や車がある場合はいいですが、風呂敷で包むとやはり骨壺と周囲にはわかります。

3、保冷バッグに入れる

おすすめはしませんが、このような方法もあるようです。

保冷バッグはマチがあって高さがあるものも売られています。
特にキャンプ用品を扱うお店の保冷バッグは大きいものが多く、丁度いいサイズのものが見つかるかもしれません。
やっぱり抵抗がありますよね・・。

私が買った骨壺バッグ

このバッグのことを知り、早速Amazonで購入しました☆
骨壺をずっと抱えて歩くのは大変ですからね・・。

私たちが買ったのは「石のさかい」さんが売っている骨壺バッグ(3,500円)。
サイズはW300×D280×H400㎜です。

ワンサイズではなく、もっと小さなものもありましたよ。

このバッグは200gと軽く、表面には撥水加工がしてあるので小雨くらいなら安心!
底板もついていて持ち運びも安心!

折り畳み式なので使わないときはコンパクトになります(W300×D15×H400㎜)。

色は五色幕にも使われる青紫色。
黒ではないので品があってキレイです!

これで安心して義父と一緒に新幹線に乗れます(^^)

ざらめざらめ

2017年5月追記:その後談

実際にこの骨壺バッグに入れて納骨に行ってきました。
夫が運びましたが、持ちやすくて周囲の目も気にならないと言っていました。
祖母も「こんな便利なのがあるのか~」と驚いてましたよ(^^)

何度も使う物ではありませんが、買って良かったです!

まとめ

骨壺バッグがあれば骨壺を抱えての長距離移動も安心・安全ですよね!
このバッグのことを知って本当に良かったと思います。

ご覧頂きまして、ありがとうございました!

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ

スポンサードリンク