こんにちは(*^^*) 超せまっ!ワンルーム2人暮らしのざらめ(妻)です(^^)/

義父が亡くなった話は以前にも何度かしました。
緩和ケアの病院で亡くなり、すぐに病院が葬儀社さんを手配してくれました。
その時、祖母が互助会で積み立てをしていたのを知りました。

今回は、互助会と実際に使用した積立金の用途を紹介します。

互助会って、なに?

互助会とは、冠婚葬祭にかかる費用を会員同士で助け合う、「相互扶助」を意識して作られたシステムです。

毎月掛金を一定期間支払い、結婚式や葬儀の時にサービスを受けることができます。
互助会は全国に約300社あるといわれ、営業するには経済産業大臣の許可が必要になります。

互助会のサービス内容

・結婚式、葬儀の実施

現金を受け取れるわけではなく、結婚式や葬儀の実施など、仏具の購入などを行えます。
結婚式や葬儀の実施の際は、積立金のほかに会員割引があるので金銭的なメリットがあります。

結婚式場・葬儀屋さんはどこでも良いわけではなく、指定された業者さんを使わなければいけません。
互助会を利用して葬儀を行う場合、ほとんどの場合がパッケージ化されているものです。

そのため、もし他のサービスを利用したい場合には別料金がかかります。

また、積立金も会員割引も費用の一部に充当されるだけなので、差額は発生します。
無料で葬儀・結婚式が行えるわけではありません。

・入会する互助会によってサービス内容は異なる

互助会はほとんどが株式会社が営業しています。
そのため、ホテルやレストランなどを経営・提携している互助会もあります。

・積立金は使い切り

掛金を一定期間払い続けた積立金は、何度かにわけて使うことはできないようです。
一度で使い切ります。

・名義人以外も使える

会員と、その同居家族であればサービスを利用することができます。
例えば、父親が会員で子どもの結婚式に利用したりできます。

・途中解約は可能

積立が満期になる前でも解約は可能です。
その際は解約手数料を引かれた金額が返金されます。

・満期後の権利は永久
掛金の払い込みが満期になれば、権利は永久になります。
名義変更も出来るので、引き継ぐこともできるようです。

特に葬儀の場合は突然の場合がほとんど。
そんな時、急な出費を抑えることができるのは助かりますね。

互助会の積立金で購入したもの

祖母の積立金は月4,000円を10年間積み立て、48万円ありましたが、義父が亡くなった時は互助会は利用せずに病院の紹介の葬儀社さんにお願いをしました。

あまりにも突然だったということと、その時は互助会の使い方がよく分からなかったこと、紹介していただいた葬儀社さんがとても親切で費用も安かったことが決め手でした。

葬儀場も市営の葬儀場を抑えて頂けたので、とても安く抑えられました。
あとでわかりましたが実際、互助会にお願いするよりもかなり安かったです。

その葬儀社さんが、義父が入会していた互助会で利用できる葬儀以外のサービスを調べてくれました。
指定された仏具屋さん(1店舗)のみで仏具を購入できるとのこと。

そして、先日、位牌を作らないといけないので、互助会の積立金で位牌を作ろう!と思い、仏具屋さんへ行きました。

するとびっくり!!!
なんとその48万円を1回で使い切らないといけないとのこと!!!

仏具屋さんでそんなに買うものがない”(-“”-)”
仏壇も先祖代々のものがあるし。。

1度で使い切らないと残金は消滅してしまうので勿体ない。
仕方なく、仏具を一式新調しました。

積立金48万円で購入した仏具

・位牌(約18万円)
・蒔絵のお盆提灯2つ(約24万円)
・お線香立て
・花立
・過去帳、過去帳台
・経机
・お念珠
・お線香
・ろうそく
・仏具を磨く研磨剤
・その他いろいろ

必要なモノは位牌だけだったので、選ぶのに本当に困りました・・(笑)
家に荷物を増やしたくないのにー!!!

祖母が「なんでも良いから全部使え~」というので、私はお念珠や経机を買ってもらいました。

ちなみに経机は、大きさも高さもコンパクトで丁度良かったので、PCデスクとして利用しています(笑)
祖母に用途を伝えたら、「それはいいな~」と笑ってましたよ(^^)

仏具屋さんなので、それ以外に本当に必要なものがなかったんです。。

ちょっと罰当たりかしら・・。
今も経台でこのブログを書いています(笑)

経机

丁度いいサイズなので、夫(まさすみ)にも羨ましがられます!
本当はもう一つこれがあればよかったのですが、現品のみでした(><)

まとめ

・入会する互助会によりサービス内容は異なる
・互助会は積み立て金を冠婚葬祭に利用できる(提携先のみ)
・現金で受け取れるわけではない
・満期を迎えれば権利は永久
・途中解約は解約手数料を引いた金額が返金される

これから互助会に入会することを検討されている方は、入会する互助会のサービス内容をよく確認し、しっかり理解してから入会するようにしましょう!

ご覧頂きまして、ありがとうございました!

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ



スポンサードリンク