こんにちは(*^^*) 超せまっ!ワンルーム2人暮らしのざらめ(妻)です(^^)/

先日、現代のお墓の多様化について紹介しました↓

お墓だけが供養じゃない!?海洋・宇宙・ネット?現代のお墓事情

そのなかで、私の夫(まさすみ)は海洋散骨希望というお話をしました。

もちろんその意志は尊重するつもりですが、もし夫に先立たれたら、やっぱりすぐには離れたくない!
少しでも夫を近くに置いておきたい!

ということで、私は夫の遺骨をダイヤモンドにすると決めています。
もちろん、夫も了承済み☆

ダイヤモンドにしたり、遺骨をペンダントに入れたりして、手元に残すことを「手元供養」というそうです。

今回は、その手元供養の一つ「メモリアル・ダイヤモンド」について紹介します。

夫の遺骨はダイヤモンド

もう何年も前ですが、私の友人のお父様が亡くなったとき、お母さまは遺骨をダイヤの指輪にして、今でも肌身離さずつけているそうです。
素敵なご夫婦ですよね!

このダイヤのことを「メモリアル・ダイヤモンド」というそうです。

遺骨をダイヤなどに加工することに対し、賛否両論あると思いますが、私は「美しい形見」として残せて素敵なことだと思います。
先日のブログでも紹介したように、お墓に入れるだけが供養ではないですし、故人をずっと近くに感じられます。

日本でも人気のメモリアル・ダイヤモンド

メモリアル・ダイヤモンドは、故人の遺骨や遺灰、遺髪などから炭素を抽出して合成ダイヤモンドを作ります。

火葬後でも骨の中に含まれる炭素を取り出して黒鉛に変換し、合成ダイヤモンドにするんです。
そのダイヤモンドを指輪やネックレスなどにして身に着けることができます。

ちなみに、人工ダイヤではなく、合成ダイヤモンドですよ(*^^*)
人工ダイヤはジルコニアのことを指し、化学組織等をみても、まったくの別物とのことです。

遺骨をメモリアル・ダイヤモンドにするには、専門の業者さんにお願いをすればできます。
ただし、お安くはありません!

私が今回調べた限り、日本国内でダイヤモンド加工をしている業者さんはありません。
どの業者さんもスイスやアメリカなど、海外で加工をしています。

メモリアル・ダイヤモンドを依頼できる会社3社

日本でもメモリアル・ダイヤモンドの作成をお願いできる業者さんはたくさんあります。
今回はその中の3社をご紹介致します。

・アルゴダンザ・ジャパン

スイスに本社がある『アルゴダンザ』社のパートナー会社です。
なんと、アルゴダンザ社の顧客の25%は日本人らしいですよ☆

【特徴】
1つのメモリアルダイヤモンドを作るには、遺骨を300gほど必要です。
これは、成人男性の1/4~1/5くらいの量になります。

ダイヤモンドに含まれる炭素は遺骨から抽出されたもののみを使用し、その他の炭素源は一切使用しません。
着色も全くしないので、まさに「故人の色」のダイヤが作られます。
「あの人らしい色だわ・・」となりそうですね。

遺骨中の成分によって色の濃さは変わりますが、透明~自然な青っぽい色になるようです。
これはアルゴダンザ社の特殊製法によるもので、合成ダイヤでブルーダイヤは稀だそうです。
人に一色。大事にしたいですね。

【サイズ・金額】
0.2ct→¥480,000
0.5ct→¥1,120,000
1.0ct→¥2,480,000

【期間】
およそ6カ月(大きさにより変動あり)

この業者さんは実績もあり、HPでは製造環境を公開しています。
金額は他社に比べて高めに設定されていますが、HPを見る限り、とてもしっかりしていて信頼できると思いました。

いつか、夫のメモリアル・ダイヤモンドを作るときが来たら、私はアルゴダンザさんにお願いしようと思っています。

・ライフジェムジャパン

アメリカに本社がある『ライフジェム』社の日本支社です。
2004年よりスタートし、6000人分の実績があります。

【特徴】
1つのメモリアルダイヤモンドを作るには、遺骨を70gほど必要です。
毛髪でも可能で、毛髪の場合は3g必要です。

ダイヤモンドに含まれる炭素は遺骨から抽出されたもののみを使用します。
その抽出された炭素の結晶化段階で空気中の窒素の影響により、黄色味がかかった色になります。

イエロー(自然色)、ブルー、カラーレス、レッド、グリーンのカラーダイヤから選ぶこともできます。
炭素の結晶化段階で微量のホウ素を加えてブルー、真空な状態で結晶化することで無色透明になります。

レッドとグリーンは、天然ダイヤモンドのカラーコーティングと同様、カット後のダイヤモンドにカラーコーティングを施して作ります。

【サイズ・金額】
金額は色により異なります。

イエロー
0.2~0.29ct→¥380,000
0.5~0.59ct→¥760,000
1.0~1.25ct→¥1,903,000

ブルー
0.2~0.29ct→¥475,000
0.5~0.59ct→¥1,094,000
1.0~1.25ct→¥2,559,000

カラーレス(2017年3月5日現在 値下げ中)
0.2~0.29ct→¥522,000(¥475,000)
0.5~0.59ct→¥1,189,000(¥1,094,000)
1.0~1.25ct→¥2,782,000(¥2,559,000)

レッド・グリーン
0.2~0.29ct→¥475,000
0.5~0.59ct→¥856,000
1.0~1.25ct→¥2,094,000

【期間】
およそ6カ月~

・ハートインダイヤモンド

イギリスに本社がある会社です。

【特徴】
1つのメモリアルダイヤモンドを作るには、遺骨を60gほど必要です。
毛髪でも可能で、毛髪の場合は2g必要です。

遺骨や遺灰、遺髪のほかに「思い出の品」からも作ることが可能です。
また、複数人の遺骨を合わせて作ることもできます。

こちらもカラーダイヤモンドの作成が可能です。
カラーは、オレンジ・イエローグリーン・レッド・ブルー・カラーレスです。

【カラー・価格】
オレンジ
0.2ct→¥445,000
0.5ct→¥898,000
1.0ct→¥2,120,000

イエローグリーン
0.2ct→¥509,000
0.5ct→¥1,095,000
1.0ct→¥2,398,000

レッド
0.2ct→¥620,000
0.5ct→¥1,299,000
1.0ct→要問合せ

ブルー
0.2ct→¥625,000
0.5ct→¥1,438,000
1.0ct→要問合せ

カラーレス
0.2ct→¥685,000
0.5ct→¥1,509,000
1.0ct→要問合せ

【期間】
3~4カ月ほど

究極の形見「ダイヤモンド葬」

すべての遺骨をダイヤモンドにする『ダイヤモンド葬』もあります。
これはすべての遺骨を余すことなく使用した究極の形見が作れますね。

お墓がない人や、新しくお墓を作りたくない人、遺した人に負担をかけたくない人などが利用しているようです。

アクセサリーに加工もできる

メモリアルダイヤモンドをアクセサリー(ジュエリー)に加工できます。
指輪やネックレスが一般的ですね。

アクセサリーの場合は、ダイヤモンド代金のほかに地金代(アクセサリー代)がかかります。

これも地金をプラチナにするか、ゴールドにするかで値段は変わりますし、選ぶデザインによっても変わります。

様々なデザインがあるので、毎日つけたいデザインも見つかるはず!!
大切な人の遺骨からできたアクセサリーだから毎日肌身離さずつけたいですよね。

ペットの遺骨もダイヤモンドにできる!

大切な家族は人間だけではないですよね。
犬や猫などのペットも大切な家族です。

ペットの遺骨でもメモリアルダイヤモンドの作成は可能です。
金額は人間と同じくらいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

大切な人を美しい形見の形で残せたら嬉しいですよね。
もう会えなくても、思い出すことはできます。
傍に感じることが出来ます。

新しい供養の一つとして参考になれたらうれしいです。

ご覧頂きまして、ありがとうございました!

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ

スポンサードリンク