こんにちは! 超せまっ!ワンルーム2人暮らしのまさすみ(夫)です。

私たち夫婦が今の家に引っ越してきて、約5か月になります。
先日、ユニットバスの洗面台側の下から排水が逆流しました。。

初めて気づいたのは、シャワーを浴びたとき。
ユニットバスのトイレ部分の床が水浸しになっていて、一瞬、何が起きたのか目を疑いましたよ。

ネットで調べてみたら、同じ状況になった人がたくさんいるんですね。
先人の知恵を駆使して、なんとか自分で解決できました。

ユニットバスに限らず、排水詰まり・逆流は、ある日、突然やってきます。
特にユニットバスの場合は、悲惨なことになります。

こんな事態にならないように、日々のちょっとしたお手入れと、業者さんを呼ぶ前にやってみる価値がある解決法をご紹介します。

それでは、ご覧ください~。

お風呂の排水詰まりの予防方法

我が家のように詰まってから対処するのではなく、日頃から自分でできるレベルの予防をしておけば、大事にならずに済みます。

排水口にゴミ取りカバー(ネット)を付ける

おそらく一番効果的な予防方法です。
髪の毛が長い人の場合、排水管の奥の方で詰まりやすいそうです。
このゴミ取りカバーを付けておけば、入口で防止することができます。

特に日頃、お風呂にお湯をためないユニットバスの場合は、絶対にやった方がいいです。

ゴミ取りカバーは100円ショップにも売っています。
プラスチック製のものは、お湯が少したまると浮かんで外れてしまう場合があるので、金属製のメッシュのものがオススメ。

定期的にカバーに溜まった髪の毛を取り除きましょう。

自分の髪の毛でもなんか気持ち悪いという場合には、排水口に貼るタイプの髪の毛除去シート(シール)もあります。
ある程度、髪の毛が溜まったら、ペリッと剥がして捨てることができます。

こちらは、ホームセンターや薬局で購入できます。

我が家では排水が詰まってから、100円ショップで購入した金属製のゴミ取りカバーを取り付けるようにしました。

定期的に薬剤で排水口をきれいにする

市販のパイプクリーナーを利用して、汚れを除去します。
排水口の髪の毛やヌメリを溶かして、排水の流れをよくしてくれます。

前述のゴミ取りカバーでほとんどの髪の毛はキャッチできますが、一部流れてしまいます。
また、ヌメリはどうしても溜まっていきます。

一週間に1回程度、排水口にサッとかけて30分程度たったら、水で流すだけなので簡単!

この二つの予防をしておけば、排水詰まりの心配はなくなるでしょう。

排水が詰まった時の対処・解決方法

排水口から髪の毛などのゴミを直接取り除く

ほとんどのお風呂には、湯船の脇あたりに身体を洗ったお湯が流れていく排水口があります。
ゴミが溜まってくると、排水の流れが悪くなり、排水が床にまで溜まってしまって気持ち悪いですよね。

多くの場合は排水口のふたを開けると、ゴミがいっぱいになっているので、割り箸を使ったり、ゴム手袋をして直接ゴミを取り除きます。

大量の髪の毛とヌメリがガバッと取れます。
ちょっとゾッとします。。

この作業だけで解決できる可能性も高いです。

パイプクリーナーで髪の毛やヌメリを溶かす

日々の詰まり対策でも紹介したパイプクリーナーは、詰まってからでも効果はあります。
ゴミを直接取っただけでは解決しなかった場合の次の手段です。

排水口のふたの裏も結構汚れているので、同じようにパイプクリーナーできれいにしましょう。
詰まり解消だけでなく、見た目もきれいになりますよ。

ラバーカップを使う

よくトイレや排水が詰まったときに使う、先にゴムのカップが付いている、あのアイテムです。
カップ部分を排水口に密着させ、上下にゴポゴポして、圧力でゴミを取り除きます。

排水口の形状によっては使うことができないのでご注意ください。
我が家のようなユニットバスにも使えません。

ちなみに、ラバーカップは2,000円前後で買えますが、これで必ず解決するとは限りません。
無駄にならないか購入する前によく考えましょう。

最終的に間違いないのは、業者に頼む

一番確実で苦労しない方法ですが、意外と大きな出費となります。

ゴミを取り除いて、パイプクリーナーでもダメだったら、管理人さんに相談したうえで、素直に諦めて業者さんにお願いしましょう。

我が家のユニットバスの排水口は厄介だった!

我が家は3点式ユニットバスなので、お風呂と洗面台の排水が洗面台の下にまとまっています。
洗面台の下のふたを外して中をのぞいたら、ラバーカップを使えないタイプの排水口でした。

ゴム手袋をしてゴミを取り除いても、排水口にパイプクリーナーを流しても、流れがよくならない・・。

そこで、こちらのサイトで紹介されている方法を試してみました↓
(やるときは「自己責任で」と書いてありますので、ご注意ください)

家庭用パイプクリーナーの効果的な使い方の提案(ユニットバス編)
(他サイトに飛びます)

上記のサイトを参考にして、私が実際におこなった流れは、次のような感じです。

①まずは、ゴム手袋をして、薄暗い暗黒の沼(笑)の中に恐る恐る手を突っ込む。
あらためて、手で取れるゴミをすべて取り除く。一部、割り箸も使用。

②紹介されているとおり、バケツ一杯分のお湯を流し込む。
一気に流すと溢れてくるので、少しずつ慎重に。

③そこに、パイプクリーナーを1本分を流し入れる。

④1時間経ってから、バケツ一杯分のお湯を少しずつ流す。

・・・・。

「なんということでしょう~♪」

見事、流れが良くなりましたよ(^^)/

ゴム手袋とパイプクリーナー1本分の出費で、なんとか解決。
業者さんに頼むと、少なくとも1万円前後はかかるので、ホッとしました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

以前、私が住んでいた家のお風呂はユニットバスではなかったので、排水口のゴミを取るのは簡単でした。
しかし、今回の件で、ユニットバスの排水詰まりの大変さを知りました。。

何事も問題が小さなうちに対処すれば、大きな問題にはならずに済みますね。

今後はしっかりと予防をしながら、使うことにします。。

ご覧頂きまして、ありがとうございました!

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ

スポンサードリンク