こんにちは(*^^*) 超せまっ!ワンルーム2人暮らしのざらめ(妻)です(^^)/

今まで何度か歯医者さんにまつわる内容を書いてきて、ふと思い出したことがあります。
それは、「歯医者さんでも全身麻酔がある」ということ。

以前、私が勤めていた会社の社長が親知らずを抜くのに全身麻酔を受けていました。
その社長はとにかく治療が怖くて怖くて仕方がなかったみたいです。。

今回は、歯医者さんの全身麻酔について紹介します。

全身麻酔で歯の治療は一般的?

全身麻酔で治療を受けた社長の事例は特殊なのかと思い調べてみると、全身麻酔を扱っている歯医者さんは意外とありました!

総合病院や大学病院などの入院施設のある病院はもちろんですが、クリニックでも扱っているところはあります。
ただし、入院施設の無いクリニックでは治療後数時間は安静にしている必要があります。
また、持病によっては出来ない場合があります。

◇全身麻酔に適した方

  • 治療や痛みに対する恐怖が強い方
  • パニック障害のある方
  • 歯医者さんが嫌いで暴れてしまうお子様
  • 1回で複数の治療をしたい方

◇全身麻酔のメリット

  • 完全に眠っている状態での治療なので、治療の記憶が残らない
  • 痛みを感じない
  • 2~3時間は麻酔が聞くので、複数の治療をまとめて受けることができる

◇全身麻酔のデメリット

  • 費用が高い
  • 治療時間が長い
  • 治療前に様々な検査が必要
  • 治療前後の飲食に制限がつく
  • 麻酔から醒めたときに吐き気を感じることがある
  • 日帰り治療の場合は、家族や友人の迎えが必要

歯科での全身麻酔の費用

患者さんの状態や治療内容によって保険適用か非適用(自費診療)か変わってきます。

例えば、親知らずの抜歯で全身麻酔をかけるときには保険適用が一般的なようです。
しかし、状態などによって変わってくるので一度相談してみるのが一番!!

保険適用の場合でも金額はその歯医者さんによって様々。
だいたい4万円~が多いようです。

全身麻酔の流れ

全身麻酔の場合は、初めて治療に行った病院でその場で受けられるわけではありません。

◇治療前

歯科医と相談の上、全身麻酔で治療をすると決めたら、事前に身体検査が必要です。
心電図や血液検査、胸部レントゲンなどです。

◇治療当日

血圧計や心電図等を付けます。
麻酔薬を入れ、完全に眠ったことを脳波などで確認してから治療開始。

治療が終わり、麻酔の注入を止めると自然に意識が回復してきます。
完全に醒めるまでゆっくり安静に過ごし、日帰り治療の場合はそのまま帰宅します。

まとめ

  • 歯科で全身麻酔は可能(すべての歯科で扱っているわけではない)
  • 事前に身体検査が必要
  • 費用が高い
  • 痛みへの恐怖が強い方に適している

歯の治療はしなくてはいけないけど、どうしても怖い・・という方は、一度全身麻酔が可能な歯医者さんで相談してみると良いと思います!

ご覧頂きまして、ありがとうございました!

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ



スポンサードリンク